旅行中毒の「海外旅行のすすめ」の管理人が、まったく人様のお役には立たない旅のはみ出しネタを中心に毎日垂れ流し中。近頃、食いもんネタブログと化しつつありますが、我が町姫路のトピックや独り言も。
今年もお世話になりましたHPを開設して約10ヶ月。
たいした宣伝活動もしなかったのに皆さまのお陰でカウンターは6000を超えました。

心より感謝m(__)m

今年の海外旅行

【4月9日?5月10日】
ベルギー・オランダ・ドイツ・オーストリア・ハンガリー・イタリア・フランス・イギリス・フィンランド計9カ国

【5月23日?5月30日】
香港・台湾

【11月15日?11月25日】
香港・タイ・台湾



今年は計3回の海外脱出でした。
昨年の6回に比べると半分(-_-)

まぁ回数だけ喜んでてもしかたないけど(-_-;)

来年は本腰入れて職探しします。
しなければ、かなりヤバいです。

いい仕事を探して、落着いたら、週末や長期夏季休暇とか利用して香港・台湾あたりには脱出できたらいいな。

これが私の来年の目標!

ついでに増えすぎた体重を減らすこと(*・ω・*)


何はともあれ、今年はありがとうございました!
よいお年を!!!


スポンサーサイト



モナーク航空【酒に酔った乗客、全日空機を遅らす 携帯電話使用や喫煙】

(▼_▼メ)まったく迷惑な客もいたもんです。

この迷惑な男は酔っ払って携帯電話を使用した。
再三警告を受けて電話の電源を切ったが、今度はたばこをぷかぷか。
滑走路へ向かっていた機体は、機長判断で搭乗ブリッジに引き返して男を降ろしたそうな。


当然である!(▼_▼メ)




【酔った乗客を小島に降ろす 英機が大西洋で緊急着陸】

海外にもいました、迷惑男(▼_▼メ)

英モナーク航空の機内で、酔った男性乗客が乗員や他の乗客にからんだため、同機は途中にある大西洋の小島に緊急着陸。
男性を“置き去り”にして再び目的地(カナリア諸島)に向け飛び立った。


この迷惑男は警察の事情聴取を終え、カナリア諸島に向かったそうな。



どちらも、機長の判断は適確だったと思えるが、その後の迷惑男達が気になるなぁ(・A・)

ただ単にお説教をキツクされただけだろうか?

モナーク航空においては、その男のために離着陸が一度増えているので、燃料や何かしらの損害賠償が請求されるかも。

いや、是非ともして欲しい。


日本の迷惑男も、離陸前だったとはいえ、一機のスケジュールの狂いは他のたくさんのフライトのスケジュールの妨げになるので、こいつにも損害賠償をして欲しい。



狭い狭い機内では、皆が協力して気持ちよく滞在できるようにする必要があるはず。
飛行機を一歩出たら赤の他人でもね(^_-)-☆


みなさんも、飛行機の中では良い子でいましょうね♪(^_-)-☆


バンコクの豊富なパンフfor日本人初めて来る国の空港とかにくると、ついドキドキしたりして見逃しがちですが(私がドン臭いだけやろうけど)、空港にはお役立ち情報が満載。

空港でホテルの予約をする人も多いようです。
私のような激安の宿にしか泊まらない人間には無縁ですけど。

空港に観光局があって、色々と親切に教えてもらえるとこも。

ただ、この観光局、国によるのか、たまたま居合わせた局員がダメダメな人間なのか、激しく当たりハズレがあります。

お国の玄関口にこんな愛想のないババアおくな!と腹立つこともしばしば(▽_▽メ)


でも、地図やパンフをもらうだけなら、愛想なしババアでも大丈夫。

私のわずかなサンプルですが、ヨーロッパでは地図やパンフは有料のことが多かったです。

がっ!アジアはタダです?(*●▽●)フォー♪

写真はタイのバンコクの空港でもらったパンフや地図たち。

アジア諸国においては日本人は重要な「金づる」だけあって、日本語のパンフも豊富です。

中にはただのツアーの宣伝だったりしますが、これで結構プランを練れます。

「だいたい○○までは、バスで●時間か?」

ってな具合に。


この時のバンコクでは、タイのガイドブックがなかったので、これらをずいぶん参考にさせてもらいました。


マウントラヴィニアビーチのワンコとお兄ちゃん昨年末はスリランカのマウントラヴィニアというリゾート地にいました。
海自体はそんなにきれいというわけではないですが、素朴で雰囲気のいいところで、大変気に入ってしまい、沈没。

事実上の首都コロンボまでわずかな距離にあるリゾート地ながら、漁師達が底引き網を引いていたり。

さほど観光地ズレしていないのが、また気に入りました。

ここのマウントラヴィニアは大した津波の被害はなかったのですが、それでもかなり海水が陸に入り込んだようですし、足を取られて・・・なんて人もいなかったのだろうか。
心配です。

列車ごと津波にさらわれたゴールという所にも実際は行く気だったのに、ここが居心地良過ぎて・・・

もし、ゴールに行っていたら
もし、津波が来るのがもう1週間早かったら

なんて色々考えると今でも怖いです。



ところで、写真はまったりとマウントラヴィニア。

このネタは以前にも紹介した気が激しくするのだけど、まぁエエか・・・(-_-;)

いつものように散歩していると、ワンコと水浴びしている男性が。

いやぁ?まったりしていいなぁ(*^_^*)

ウンと遠くから眺めていたのですが、私が見ているのに気付いて、もう一匹連れてきて水浴びを始めた。


ワンコ好きとしては気になって、近付くと・・・


犬がごっつい嫌そうにしていた▽-ェ-▽ノ""ワン

嬉しくてはしゃいでるのかと思ってたら、タダ単に嫌で逃げようと暴れていたみたい▽-ェ-▽ノ""ワン

(^▽^;)は・は・は・・・っ

後でお兄さんが近付いてきてアドレスをくれた。
写真が欲しいって。

もう一年になるのに、まだ送っていないな(〃∇〃) ゞ

お見舞いを兼ねて送ってみようかな(*^_^*)


旧世界一の高さのマレーシアツインタワー昨日の日記に「ぶうちゃん」様からコメントをいただきましたので、それをパクって・・・じゃなくて、引用させていただいて、本日の日記にするのだ?!!(*≧▽≦)



   






  

      ☆彡☆彡以下引用文☆彡☆彡


【台湾でごみの減容化ですか。
数年前に台湾に行った時聞いたのですが、台湾には日本企業3社が世界の最高水準を誇る大規模なごみの焼却場を3つほど建設しました。
作ったのはいいのですがそれだけのプラントを稼動させだけのごみが無くて台湾全土のごみを建設した企業が買いあさっているという噂を聞きました。
何故ごみを買いあさるかと言うと連続運転記録樹立で自社で建設したプラントの優秀さを世間に証明する為なんですよね】


      ☆彡☆彡以上☆彡☆彡



へーー(・∀・)ーー!な、お話ですね。

買い物袋の有料化で減ったゴミというのは、ひょっとしたら路上のゴミだけかもしれなかったりして。

ちょっと聞きかじっただけのニュースを知ったかぶってエラソーに発表するな、ってことです←ワシのことやんけ?(-_-;)


【優秀さを世間に証明する為】

↑思い出したことが・・・

「台湾101」ビルは世界一高い建物になりますが、以前はマレーシアのペトロナス・ツインタワーでした。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズとショーンコネリーの映画「エントラップメント」でお馴染みかも♪

2棟の建物ですが、日本と韓国が威信をかけて(←たぶん)建設したそうな。

ちょっぴり高い方が1棟で日本が建設しています。


以下、大変失礼な話をお許し下さい。


最初、2棟を韓国が建てたと聞いて

「げ・げ・げ??っ!絶対怖い!上るの嫌やわ」(・ω・;)

と思った。


何年か前に、デパートが倒壊したり、橋が落下した事故をニュースで見ていたので、

「韓国人ってめちゃくちゃしよるな」(-_-メ)

と感じたので。

まして、「敵国」日本と並んで建てるなんて、

「きっと手抜きでスピードだけを競ったに違いない!」

と激しく思い込んでいた。(・(●●)・)

実際には、日本の技術を見るためやら色んな事情で、少し遅くに完成したらしいけど。


でも、ここ最近の建物強度偽装事件・・・・(・A・)


本当にごめんなさいm(__)m

日本も滅茶苦茶アフォでエエ加減な国でしたm(__)m


もう恥ずかしくて情けない(ToT)



?情報ありがとうございました?

「ぶうちゃんくん旅行記」
http://www.eonet.ne.jp/~maple2001/

「Time waits for no one」ブログ
http://spaces.msn.com/members/aki1967/


台湾のコンビニのナイロン袋いきなりですが、【福客多商店】って何だかわかりますか?

正解は台湾のコンビニ【ニコマート】です。

日本のニコマートは倒産してしまいましたが、台湾ではたくさんの店舗があります。

写真はニコマートのナイロン袋。有料です。
有料なので、一度買うと大事に2枚目の写真のように畳んでカバンに納めておきます。

台湾では数年前からスーパーとかコンビニとかの店舗のビニール袋は有料です。
無料で提供してはいけないというのは、法律でも定められています。
これは環境問題の取り組みの一環です。

当初、台湾人にも不評だったのだけど、自然と馴染み、今ではゴミも減少したそうです。

日本も有料化が検討されていますね。
いいことかも(・∀・)

ちなみに、お値段は店舗によって違いますが、1?2元(約3?7円程度)で安いです。
この袋は結構丈夫なので他のものも入れたり出来るので重宝します。

皆さんも台湾ではエコロジーに参加しましょう(*^_^*)


トラベル遊【格安旅行社が雲隠れ?航空券届かずトラブル相次ぐ】

【格安航空券などを販売している旅行会社「トラベル遊」(東京都品川区)を通じてチケット購入を申し込んだ旅行者らが、出発空港でチケットを受け取れないトラブルが相次いでいることが24日わかった。】

((((;・ω・))))ガクガクブルブル

最近、この手のニュースを見かけませんでしたが、やはり油断は禁物ですね。

ネットが発達してきているので、いろんな格安航空券をいろんな会社から買うことが出来るようになったので、こういう「被害」も増えるのではないかと、とても心配(-ω-)

実は、この「トラベル遊」は以前、検索でかかって検討したときもありました。

今、再度ネットで検索してみると、ずいぶん長い間、サイトの更新もされていないようだし、潰れる準備&要素は満載だったのかも(・A・)


旅行会社の関係者に聞くと、航空券などはたいして利益が上がらない「薄利多売」状態らしいので、よほどたくさんの航空券をさばけないと、経営に行き詰まり・・といったことが、これからも有り得るわけで・・・


私は以前、韓国に行く時、空港で航空券を受け取ろうとすると、肝心の航空券が届いていないことがありました。

もう、必死であちこち電話をかけたりして、ギリギリ間に合った苦い経験があります。
あんな思いは、もうたくさん(-_-メ)

だから、私はなるべく大手の安定した会社から航空券を買うようにしています。
「大手だから安心」というのも短絡的な考えかもしれませんが、それでもそれくらいしか、被害を防ぐ手立てが思い浮かばないので(;一_一)


ちなみに、私に航空券を渡し忘れたアフォな会社は潰れました。
私が今までお世話になった旅行会社でつぶれたのが数社あります。

みなさんも、くれぐれもご注意あそばせ(^・ω・^)ノ

スリランカの港町ニゴンボのクリスマス☆(*^∇^*)☆メリークリスマス☆

仏教徒の私ですが、やはりクリスマスはエエもんです♪

写真は昨年末のスリランカはニゴンボタウンで。
津波を危機一髪で避けたのは、もう一年前になりますねぇ?。

スリランカも国教が仏教ですので、圧倒的に仏教徒が多いのですが、ニゴンボのような海に近い漁師町などにはキリスト教徒が多いです。

港から入港してきた外来人がキリスト教を布教したと考えられますし、漁師のように「殺生」する職業においては、キリスト教の方が受け入れられやすかったのが原因と思われます。

昨年末はずっとマウントラヴィニアという、海辺の町(リゾート地)にいましたが、たまたまニゴンボに友人を訪ねて行った時に、この写真を撮っています。

写真の腕的にはイマイチですが、赤いサンタさんの脇を、赤いサリーを来た女性が二人歩いているという、最高のシャッターチャンスに恵まれた写真です。

スリランカはインドに比べたりするとサリーを着ている女性が全然少ないので、余計に珍しいタイミングでした。

良ければクリックして下さいね(σ^д^)σ


航空会社に関する日本最大掲示板AirTariffトップページをちょこちょこ変化させています。
国内旅行も今年の正月明けの福岡の写真をアップしました。
わずか数枚ですが・・・

国内外問わず、写真が少ない旅行が多くて辛いのですが、なんとか色んなページを仕上げていきたいと思います。

そして、今日は「エアタリフ」をリンク集に加えました。
エアタリフの正式名称は「AirTariff国際航空運賃」

その名の通り、航空券のことならお任せのサイトです。
コンテンツが豊富で、目が回りそう。
困ったことがあったら、あちこち検索せずとも、ここのサイトだけで事足りるはずです。

ここはスリランカの友人プリヤンカの薦めで知ったのですが、本当に凄いです。
お役立ち度は満点で、私のサイトと比べたら・・・

比べるだけ失礼かも(〃∇〃)

私も、ほんの少しはお役に立つコンテンツを加える予定ですので、どうぞ皆さま、見捨てずに生温かく見守って下さいまし
m(__)m

エアタリフのURL
http://www.airtariff.com/

是非サイト訪問して、情報量の多さに驚いてみて下さい(σ^д^)σ

先日、コンビニで珍しいものを発見してついつい買ってしまった。
私はこう見えても(←見えへんちゅうねん)、「お菓子は買わない星人」なのだけど、買わずにはいられない怪しいパッケージ。

インドのことがさほど詳しくない人も、この俳優「ラジニ・カーント」の顔は知ってるのではないのでしょうか。

もともとインドのタミル映画のスーパースターであった彼は、「踊るマハラジャ」(原題:ムトゥ)で日本でも有名になりました。

「タミル映画」というのは南インドのチェンナイ(旧名:マドラス)を在するタミルナドゥー州を中心とした映画のことです。

日本人からすると彼の顔は人なつっこい感じはするけれど、「男前」といった称号はやや難しい感がするが、インド人にとっては「とってもクール!」な役者さんらしい。

お国違えば・・・ですね。

さてさて、このお菓子の名前は「ガラムマサラ」

サブタイトルとして

?熱く絡みあう伝説のスパイシースナック?

と、ある。(^-ω-^)ウムム

そして裏には・・
「表の写真は味をイメージしたものです」
って。

どんなイメージやねん(・A・)??

お味のほうは・・・うん!なかなか!
なんともいえないスパイスのかほり。
これは、まさにインドって感じ。
インド7回行った私が言うので間違いないっ!

ガラムマサラというのは、いわゆるカレーを作るうえでの元となるミックススパイスのことです。

当然、家それぞれに違いがあり、これがインド版「おふくろの味」へとつながるのでしょうね。

みなさんも試しにコンビニで買って食べてください。
ちょっと異国気分を味わえる・・・わけないか(´・ω・`)
道後ぎやまんの庭海外旅行のページもロクに完成していない状態ですが・・・
(〃∇〃)
ちょっと気分を変えて「別館:国内旅行のすすめ」のページを作成しました
( ̄ε ̄〃)v

早速、先日の愛媛は松山への旅をアップしています。
今回の松山の旅は時期的に寒すぎて身体が動かず、思い通りに動き回れませんでした。

デブだから暑いのは当然苦手だけど、寒いのも苦手なんだよねぇ
(´・ω・`)
きっと、このお肉の盛り合わせが、「保冷材」の役目を果たしてるのかと思う今日この頃・・・
(・(●●)・)

寒かったとはいえ、松山では色々見どころを押さえました。
その中でも、すごく印象深かったのが・・・

「道後ぎやまんの庭」
http://www.dogo-giyaman.jp/

単純に言えば和製ガラスの美術館ともいったところでしょうが、その雰囲気がたまらなくロマンティック♪
なにか別世界に飛び込んでしまったようでした。

私の写真では、雰囲気が伝わらないので、是非、「道後ぎやまんの庭」のサイトも見て下さいね。
道後温泉に行かれる方も、是非、立ち寄って下さい。

激しく推薦します\(^ω^)/
先日は「姫路城」に、またそのすぐ後日には「姫路市立美術館」へ行ってきた。

姫路市立美術館は明治時代の「兵器庫」だった赤レンガの建物を保存・活用した建物です。
現在の美術館になったのは昭和58年ですが、私の幼い頃の記憶にも薄っすらと赤いレンガ造りの古い建物の記憶があります。

展示品はいつでも展示されている「常設展示室」と特別期間中だけに展示されている「企画展示室」があります。

現在は「常設展示室」には、播磨や瀬戸内の各地から日本全国の名勝、そしてヨーロッパの風景まで?画家たちの旅の足跡を辿る展示品が約60点。

入場料200円で堪能できました
(*^_^*)

「企画展示室」には“日本におけるドイツ年・記念事業”としてドイツを代表する版画家・彫刻家【ケーテ・コルヴィッツ展】が♪

これが入場料1000円。

んもぉぉ??お!すんばらしい
\(*^o^*)/ワンダホー

なんと約160点の堂々たる展示♪
ド田舎の姫路だって、こんな素晴しいゲージツを堪能できるんですよぉ?
(*●▽●)フォー♪


来年1月28日からは、私の大好きなベルギーの画家【ポール・デルヴォー】と【ルネ・マグリット】の2人の作品を姫路市立美術館コレクションから紹介されます。

なかなか、やるなぁ?姫路も!

だから、皆さん・・・

姫路へいらっしゃぁ?い\(*^▽^*)/
会社経営をしているスリランカの友人「プリヤンカ・ペレラ」からは、よくメルマガが届きます。
よく届くので、たまには紹介しましょう。

以下、原文のまま



 -☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-


インド洋に浮かぶ美しい国《スリランカ》をもっと知ってもらいたい!

観光アラリヤとして事業を開始したのは、2003年9月3日のことです。
私の母国が日本の皆様にとって、あまりにも関心が無く、また情報も少ないということが観光事業を始めるきっかけとなりました。
刺激的ですばらしい思い出と大自然の中での貴重な体験をしていただきたい、その為には、日本人観光客を受け入れる、レベルの高いランド・オペレーターが必要となります。
残念ながらスリランカにはこのようなレベルのオペレーターがいないということもスリランカ旅行業界の発展のため、重要な問題として解決していかなければなりません。

弊社には、日本人スタッフ、日本語対応スタッフが常駐しております。
スリランカのランドオペレーターと日本語で直接お問い合わせください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


  -☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-



↑この文章と共に、1枚目の写真が送られてきました。

そして2枚目の写真には文章はなくて、題名が・・・

「ペレラ次回の大統領選挙に参加」

Σ( ̄ロ ̄|||)

おいおい!ホンマに大統領選に参戦するんか??

確かにスリランカ国内でセレブな彼は雑誌や新聞にもちょくちょく掲載されると、本人も、他のスリランカの友人も言っていたわ。
顔が広いので色んな人が常に集まっていて、議員さんとか紹介されたこともあるし。

友達が一国の大統領なんて、そんな自慢できる事は滅多に無いから嬉しいけど、ホンマかいな??(・ω・;)

ホンマやったら・・・

3号でも5号でもエエから、愛人にしてくれて、豪邸とお手当てくれんかなぁ・・・
(*^▽^*)ゞ
でも、こんなババアをわざわざ相手にすることもないかっ!?
無理もない(〃∇〃)

海外旅行にばっかり行ってる私に、
「なんで、そんなに海外に行けるん?」
という質問を投げかけてくる人は多い。

自分でも、こういった質問が来るのは無理もないと思えるほど、旅行行きまくりやし(・ω・;)

(^・ω・^)ノですので、お答えしましょう

貯金をするようなことは止めて、その上借金を恐れなければ旅行なんてナンボでも行けます!
破産になるまでは!

・・・

(・ω・*)これでお分かり?

はい、エエ年こいたババアのくせに、「貯金ゼロ+借金ごっついいっぱい」なんです、私
(・ω・*)

約4年前に病気で「死ぬかも?死んだら行けんから今のうちに行っておこう!」と思い立ち、下りた生命保険金を全部旅行につぎ込み、それでも足らんから借金してでも旅行に行っているんです。

幸い、憎まれっ子世にはばかるとは言ったもので、お陰で未だにくたばっていません
(-ω-)ノ
借金だけが残っています(-ω-)ノ


ここまで説明させておきながら

「ええなぁ?金持ちは?」

なんて、クソ間抜けな返答が帰ってくることもあります(;一_一)

そんな人たちには

「はい!はい!金もって死んでいったらエエやん。どんどん貯めときな!エエとこ参れるわぁ?」

と、心の中でとめて・・・・は、置かずに直接伝えておきます。

その人たちとは縁は切れるでしょうが、面倒なことが省けて楽チンな人生が待ってるので、その方がエエし♪


とは、いいつつ・・・

ロクに働かずに旅行ばっかりに現を抜かしておったら、
「蟻とキリギリス」
のように、最後に寒い冬空の下、行く宛てもなく彷徨うような人生が待っているのは、間違いない!
(;一_一)

こんなことじゃ最後に泣くのは私(T_T)

はい!頑張って働きますm(__)m


ところで、「蟻とキリギリス」ってもともとは「蟻とセミ」とかなんとかいう原題だそうですね。


写真は全く意味なくバンコクの焼きソバ。
やたらめったらウマかった♪
西洋人とかみな、歩きながら焼きソバ食べていた。
試したら、ごっつい食べにくくて、ボロボロ落ちた(´・ω・`)
映画「SAYURI」を観てきた。
もともと、全然期待せずに行ったし、「覚悟」も決めていた。

だから
(´・ω・`)「なんか、間違っていませんかぁ????」
と、感じつつも、さほどの落胆もなく見終えることが出来た。

やはり・・・

外国人から見た日本(たぶんアメリカ人から)って感じ。
着物の所作も全然だし。

あまり日本と外交関係も良くなく、経済交流もないような国が、“変な日本”を描いても、まぁ仕方ないかとあきらめもつく。
でもアメリカとかの交流が頻繁にある国にこういった映画を作成されるのは少々悲しい。

莫大な金も掛けてるんやから、もっとちゃんとしろよ!と思うけど、まぁ“日本人向け”に映画作成してるわけじゃなくて“アメリカ人向け”に作っているのだから、いいんやろうか・・・

香港のDFSのコーヒーあまりに、みみっちい話でお恥ずかしいのですが・・・(*・ω・*)

写真は香港のDFSのカフェコーナー♪
ここで無料のコーヒーを飲むのがささやかな楽しみ(*・ω・*)
たいしてウマくもないけど、タダやし
(〃∇〃) ゞ

同ビル内にあるJNBプラザで烏龍茶を飲みながら、最新の地球の歩き方を借りて必要なところだけチェックしてみたりすることも。
※JCBプラザは最近はごく近くのビルに引越ししました※

自分でもセコイなぁ?とは思いつつ、毎回立ち寄るCD/DVDショップの「HMV」に近いから、そのついでにゴチになっています。

ところが、一番最近の香港でとあることに気付いた。

ちゃんと説明書きがありました(^・ω・^)ノ

「団体の方で、なんちゃらかんちゃらをお持ちの方にコーヒーを無料で」みたいなことが・・・

(@_@;)ゲゲゲ

私、何の権利も無いのに、今まで飲んでたのね(〃∇〃) ゞ

と、いいつつ、次回からも行くんやろうなぁ・・・(〃∇〃) ゞ

ここ松山でひょんなことから、日本人女性と結婚しているロシア人と知り合った。
彼は日本語がぺらぺら。
なんせ大学で日本語で教鞭をとっているくらいだから。

彼のオフィスで先日、船の予約とかをするのに、パソコンを貸してもらった。
運良くホテルも予約が取れて、いざ名前とか住所の記入となったとき、彼が
「あ?!私はこういったことが面倒で嫌いっ!」(ーωー#)
と言い出した。
ただ単に、男の人にありがちな、こまごましたことが嫌いなのかと思っていたら、違うらしい。

後で聞いてみると、彼の名前に問題があるらしい。

外国人はミドルネームがあったりするし、ミドルネームがなくても、かなり名前の長い人が多いですよね。

彼は日本に住んでいることからネットで何か注文したりする機会も多いのだけど、入力フォームに名前を入力する度、
「全角で10文字以内で入力してください」
とかいうエラーが出ることが多いのだそうだ。

確かにむかつきますよね。
ちゃんと正確に名前を入力しているのにエラーが出たりしたら!

私がボケ?っとしていて、知らなかっただけかもしれないけれど、日本はまだまだ外国人には住み辛いし、門戸を開いていないのかもしれないな、と、ちょっと考えさせられる出来事でした。

今日は姉歯設計士の証人喚問で、朝からそのニュースばかり。
私も旅先に滞在しながらも、9時半から11時までNHKの証人喚問に釘付けでした。

よく海外でこういった感じのニュースを見かけると、
「外国人ってめちゃめちゃしよるなぁ・・・」
とあきれたものですが、よそ様の国のことは、もう言えないなぁ(・ω・;)

某国で橋が落ちたり、デパートが崩れたり、また別の某国の地震で倒壊したビルの鉄筋部分から空き缶が出てきたこともありましたね。

ああいったことも、日本でもあり得るってわけ?(ー_ー;)

ところで、私の泊まってるホテルは「勝山ホテル」といいます。
ここは大丈夫なのかな(・ω・;)

松山は、ここ数日は日本列島を襲ってる雪雲のせいで、すごく寒いけれど、通常は割りと温暖な地域のようです。
この温暖な気候のせいでしょうか?
人ものんびりしていて親切です。

ホテルの従業員も、もちろんビジネスという面もあるでしょうが、それ以上に親切から色々と助けたりしてもらっています。
激安さだけで選んだホテルですが、大正解でした。

市電に乗るとき、お金は車内で払うのかとおばちゃんに聞いたら、乗り方からお金の入れる場所まで、3回ぐらい離れては再度こちらに来て説明する、といった感じで心配してくださいました。

海外に限らず、日本国内でも親切にされると嬉しいもんですね。
ですので、最近姫路でも良く見かけるようになった外国人にも親切にしたいと思いつつ、聞かれてもいないのに話しかけるのはどうかなぁ?と思ったり、英語で話しかけたほうがいいかな?なんて思ってモジモジしてる間に、タイミングを逃してしまうこともしばしば。
外国人に話しかけるって難しいなぁ?・・・(^・ω・^)

写真は姉歯設計士。(元設計士か?)
今日は「分け目」もばっちりですねぇ

旅先で知り合いにバッタリってことは、わりとよくありますよね。
でも、「絶対にこの人とだけは会ってはいけない」ということもよくありがち・・・(?ωー)

以前、職場の仲良しメンバーで旅行していて、一人だけ誘わなかった女の子がいたのですが、よりによってその子にバッタリ会ったこともありました。

私たちは皆、笑えるほど白々しく「え?連絡が取れなくてぇ?」みたいな嘘をついたもんです。


今は道後温泉で有名な愛媛の松山にいます。
松山は2回目。
以前の職場の積立旅行で道後温泉に泊まりました。

私たちの職場は2階建てのビルの2階。
一階は同系列会社の職場になります。

宴会のあと、私たちはいい気分で同五温泉の街をブラブラと散策していました。


すると・・・



一階の職場の支店長と、そこの従業員が腕を組んでラブラブで歩いているではあ?りませんかぁ?!!
もちろんといいますが、こうも驚くのは、彼らが不倫関係だったから。

げげげ???っ!
びっくり(@_@)

きっと、向こうのほうがもっと驚いたでしょうね。
私たちの顔を見るなり、組んでた腕をパッと離しましたから(^^;)

宿に帰って、私たちの支店長にその話をすると、私たちの支店長もユニークな人で、いきなり下の事務所の支店長の携帯に電話をかけ
「今な?実は道後温泉に来てるねん。支店長はどこ?」
って、あまりにも不自然な質問を浴びせ掛けていました。
とことん、とぼけた返事をされたらしいですけどね。

悪いことはできないもんですね。
皆さんも不倫旅行はくれぐれも慎重に場所選びしましょうね(^・ω・^)v
つい先日、アジア旅行から帰国したばかりですが、また海外へ脱出します!!!!

・・・・

・・・・


と、言っても、海外は海外でも、瀬戸内海を渡って愛媛の松山に行くのです。
ベタなオヤジギャグをお許し下さい
m(__)m

明日(12日)の夜に神戸を発つフェリーで松山に向かいます。
夜行なので、朝に到着!の予定。

写真は今年のヨーロッパの旅行から、イタリアはベネチアのヴァポレット。
車のないベネチア内の市民の「足」です。

乗り物好きの私は乗り放題券を買って、朝から晩までグルグル?グルグル?していました。

松山からも日記が書けるかな。

では、行ってきます♪
海外で(特に一人のとき)親切にされると、とても嬉しい。
妙に嬉しい♪
ごっつい嬉しい♪
(↑もうエエっちゅうに!怒)

特に困っていないときに、大きなお世話的に親切にされることもあるけど、それはそれで結構嬉しいもんです。
時々、全然間違った情報を教えてもらって後で困ることもあるけれど
(´・ω・`)

今までで、海外で親切にしてもらったことは数え切れないほどありますが、「一番早くに親切な人が出現した」のは、オランダのアムステルダムです。

海外では同じ駅名でも「南」とか「北」が付いていて、それで全然違う駅だったりするので、紛らわしいのですが、オランダにバスで着いたときも、思っていた駅と違うところに着いていたらしく、でもそれに気付かずに駅に掲示してる地図を見ようと、前に立った瞬間に
「May I help you?」(お助けしましょうか?って感じ)
と声を掛けてこられた。

海外では、見え見えな親切で、親しくなろうと接近してくる輩が多く、「またか!」と一瞬身構えたけど、全然そんな人じゃなくて、ただ単に親切な人でした。

彼は私に宿へのアクセス方法から、地下鉄の乗り方まで教授して、爽やかに去っていきました。

感動!(ToT)/~~~ありがとう?!

写真はアムステルダムの自転車用のレーン。
地球の歩き方には
「オランダは言わずとしれた自転車王国」
と説明があったけど、言われるまで知らんかったで、私(´・ω・`)
バーデンバーデンのお花結構手間取りながら、今年の4月から5月にかけてのヨーロッパ旅行のページが完成しました。

手間取った、というのは、写真があまりにお粗末で、どれにするか悩んだり、あと、何を撮った写真なのかわからないので、人の旅行記のページや観光局のページから情報を得たりしていたら時間を喰ってしまったのです。

もっと詳しく言いますと、ネットで情報を得ている最中に面白いサイトや情報を発見して、そこで脱線している間に、何をしているのかわけがわからん状態になってしまって、それで大変だったってわけです。
(〃∇〃) ゞ子供の頃から、これで勉強しなかったんだわな

写真はバーデン・バーデンのチューリップ。
壁紙やバナーをこれから作成しました。
よろしければ写真も(σ^д^)σ クリック http://www.geocities.jp/satokotokotokoabroad/Europe/Europe.html
実は現在、今年の春に行ったヨーロッパ旅行の旅日記の製作真っ只中。
しかも、ちょうどベネチアのパートを製作中に、またもやベネチア冠水のニュースを目にしました。

ここ数年、しょっちゅうベネチアの冠水のニュースを目にするけれど、やはり一時的な事象ではなくて、かなり深刻な状態に陥ってきているようですね。

写真は上から
1)冠水したサンマルコ広場をジャブジャブ歩いている観光客たち
2)これまた冠水したサンマルコ広場の渡し板の上を歩く観光客たち
3)私が今年の4月に撮ったサンマルコ広場の写真

私などは、サンマルコ広場といえば「はとウンチだらけ」の印象の方が強いのですが・・・(・A・)
(2005年6月7日(火) の日記もよければ参照してね)

この冠水で、広場の一面にちりばめられたウンチは綺麗に流されてるだろうな、と思う今日この頃。
でもすぐに元通りかな??

麻薬探知犬の存在は広く知られているけれど、意外に知られていないのが「果物探知犬」

皆さんはご存知でしたか?

私は、つい先日も、その果物探知犬を空港で見かけました。
空港内は写真撮影が禁止されている場所が多いので、ちょっとキョロキョロして「撮影禁止」の看板を探している間に、ウンと遠くに行ってしまった。

果物探知犬は、やはり麻薬探知犬と比べたら、仕事量がウンと多いような気がします。

麻薬なんて、そうそう皆が持っているわけでもないですよね?

でも果物なら、ついついリンゴとかみかんをカバンに入れたままもって帰ってきていませんか?(▽ω▽)

かく言う私も、海外旅行に行き始めた当初は、しょっちゅう持って帰ってきていました。
深く反省いたしますm(__)m

なにかのはずみで、すごい虫、例えば地中海ミバエなんかみたいなのをを持ちこんだら、大変です。

やめましょうね(・ω・)ノ皆さん

さてさて、その果物探知犬、お土産のパイナップルケーキやジュースなんかにも反応してしまうので、大変なようでした。
犬嫌いな人には、ちょっと迷惑なくらい、クンクン臭いに紙袋なんかの中まで顔を突っ込んで臭いを嗅いでいました。

怪しいものを発見してもワンとほえずに、お座りして係員の顔を見つめる様が可愛かった♪

最近ではBSEなんかに汚染された牛肉が流入するのを防ぐため、「肉探知犬」なんかも導入するって聞いたけど、もう活躍しているのかな?(´・ω・`)

写真は死んでしまった愛犬ポン吉。
写真がごっつい嫌いで、ガクブルしています。
なんかおびえている時は、毛並みまでモシャモシャのボサボサになるので不思議でした。
皆さんは「marimekko」というブランドをご存知でしょうか?

「marimekko」は「マリメッコ」と呼び、フィンランドが世界に誇るブランドです。

私はヘルシンキの町で、このショップを見かけたとき

マリメッコ???Σ(・ω・ノ)ノ

マリさんがマリメッコ???

なんだか訛ってるよぉ?(*≧m≦)=3ブッ

ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

と、一人で大笑いしそうなのを必死でこらえたものでした。

でも、後に、ヘルシンキで知り合った男性二人と飲み歩いていた時、このショップの前を通りがかって
「マリメッコって知ってる?」と聞かれたので「知らない」と答えると、すごく悲しそうな顔をされた(・A・)

あとでよくよく調べてみると、結構有名なブランドだったのねぇ(´・ω・`)
知らんかったとはいえ、大変失礼こきますたm(__)m


確かに、自分が誇るものを、人が知らないのは結構悲しい。
わが町姫路にも、世界に誇る姫路城があるけれど、まだまだマイナー。

日本を描いた絵とかには、姫路城が描かれてる事も多いのですがねぇ?
ただの「城」だという認識しかないのかな(´・ω・`)


ちなみに、マリメッコは「小さなマリーのためのドレス」という意味だそうです。
カーテンから食器に至るまで、色んなものを扱っていますが、仕立てのしっかりしたバッグが特に人気があるようです。

今度機会があったら、買ってみようっと(^・ω・^)ノ
つい先日の旅行で行ったタイの首都バンコクの部屋にて。

冷蔵庫は無いけれど、ミネラルやリカー類に紛れて、タバコなんかも置いてあった。

何気に手に取ってみると・・・・

げ・げ・げ?っ(-ω-;)

これでもか!ってくらいに汚い歯と、何か人工呼吸器でも付けられて虫の息っぽい人の写真。

タバコの害を訴えているのでしょうね。

これを見ながらでも、タバコを止めれん人は止めれんのやろうなぁ(´・ω・`)

ある意味、スモーカーはごっつい度胸があると思う。

「百害あって一利なし」って知っていながら吸ってるから。

いや、止めたくても止めれないという中毒的な要素があるから、余計に恐いのかなぁ
(;一_一)



タバコのことはようわからん(´・ω・`;)ゞ

ちなみに、タバコ二箱のお隣に並んでいるのはコン●ームさん(≧▽≦)

先日に引き続き、今年5月の香港・台湾の旅の旅日記が完成しました。
旅行によっては極端に写真が少なかったり、お見せできるような写真がなかったり、一枚も撮らなかった旅行もあったりで、今となっては後悔しきりです。

でも、思ってたんですよねぇ・・・
写真ばっかり撮る時間があれば、目と心に風景を焼き付けておく方がいいわ、って。

(-_-;)・・・・

今となっては、大失敗。
これからは気をつけますm(__)m


さて、写真はつい先日の香港から。
香港や台湾では日本のインスタントラーメン「出前一丁」が大人気。

シーフード味や激辛味など、バラエティもかなり豊富です。

香港では、喫茶店のような食堂のモーニングセットに出前一丁が出てきたります。
メニューにもしっかりと「出前一丁」と書かれていて、れっきとした外食メニューとなっているようです。

店の名前に「出前一丁」と名付けてる店もありました。
何ゆえに、「出前一丁」ばかりが人気あるんだろう??

写真は上から

1:セブンイレブンのインスタント麺売り場。
出前一丁が袋・カップとも主流です。

2:カップの出前一丁と香港でよく見かけるビール。
もうこの組み合わせ、おっさん以外の何者でもない。

3:激辛のシーフード味
貝柱なんか入っていて、なかなかでした
酔っ払っていた最後のとどめで記憶が曖昧だけど。。。。


なんでも日本のものが一番なんて言う気はないけど、やはりインスタントラーメンは日本のものが美味しいです。
製麺とかの技術にもよるそうですね。

久々の更新です♪
古いネガ写真をパソコンに取り込んで、ページを作成するという方法は少々骨が折れるので、新しい旅行から取り掛かることに作戦(?)変更です(^_^;)

今回から、写真を今までと比べると大きくしています。
HPの容量に制限があるので、今までセコイ写真しか載せていませんでしたが、もともと「長い文章の代わりに写真」という主旨の旅日記なのに、写真がせこ過ぎるのは大問題。

容量のことは後でどうにかするということで、ドンと写真を大きくしました!

・・・と、言っても、まだ迷いがあって中途半端な写真かもしれません(^_^;)


写真はタイで観た「宮廷女官チャングムの誓い」
安ホテルの部屋でテレビが付いていました。
字幕が中国語?吹き替えは何だったのかな?

インターネットカフェでも、小さい食堂でも、どこにいってもチャンネルがここによく合わせられていたことから、タイの人も好んで観ているようです。
映りの悪いテレビを必死でバンバン叩いているお父さんもいて、微笑ましい。

私は昔からよく韓国の友人がいることから、韓国ドラマを観ますが、あまり好きではありませんでした。

理由は、まず、単調なカメラワーク。
ひたすら個人のアップばかりで、セットも単調。
引き込まれません。

そして、何より注意がそがれるのは・・・

「あ!この人も整形!」
「この人も上手くしてるけど、整形やわ」

と、いった感じで、特に女優さんの顔に注意がそがれて、ドラマにちっとも集中できないのです。

ところが、この「チャングムの誓い」は、かなりのお気に入り。
もちろん整形のことが気にはなりますが、それ以上にドラマの出来がそんなことを忘れさせてくれます。

そもそも、ドラマがあんまり好きでなく、ほとんど観ない私が好きになるのだから、よほど気に入ったものと思われます。

当分は週末はこのドラマで楽しそうです(*^_^*)
フェスティバルゲートのクリスマスin香港香港へは7度訪れているが、良くも悪くも毎回、彼等のパワーに圧倒される。

行列には並ばないし、平気で割り込むし、人にぶち当たっても謝られたことなど一度もないような気がする。

でも、人にぶち当たっても謝らないけれど、当たられても怒らない。

なので、「わが道を行く」といった感じで道を独占して歩く香港人とかに最初はイライラしていたけど、最近では「excuse me!」(ちょっとごめんやす)と叫びながら、押しのけて、私も道を切り開いたりしている。

時には、両手一杯に抱えたショッピングバッグで人を押しのけてる私。

謝ったら、何してもエエんか?!(▼_▼メ)

どんどん凶暴になる私が恐い(@_@)


あと、香港人の声は大きい。
やたらめったら大きい。

香港人の携帯電話好きは有名で、運行中の地下鉄でも使えるようです。

イヤホン・マイクも普及しているのだけど、街を歩いていて、呼び出し音もなく、いきなり大声で会話を始めるので、ビクッ!ビクッ!と飛び上がりそうになるほど驚く。

Σ( ̄▽ ̄|||)ビクッ!Σ( ̄▽ ̄|||)ビクッ!

ハリウッドなんかでよくある映画で、捜査官とかが隠しマイクとイヤホンで本部なんかとさりげなく連絡を取り合ったりしているシーンを見かけるけれど、香港人には絶対こんなことは不可能に違いない。

まさにミッション・インポッシブルゥゥゥ??( ̄ε ̄〃)b

・・・・・orz


さて、最近ウォークマンを買った私は、歩きながらも音楽を聴ける幸せにひたっている。

ただ、困ったことに・・・

時々、たまらずに、歌に合わせて、私も歌ってしまうこともある。
街中であるにもかかわらず、大声で・・・

実は、私の趣味の一つに、洋楽を聴きながら、歌って踊るという高尚な趣味があるのだ。

だが、横着な私は、歌詞カードなんか見ず、適当に聞こえる感じで歌っているので、歌詞はでたらめでズタボロ。
そもそも英語の聞き取りが苦手だし。

踊りも運動神経ゼロな私のことなので、リズム感ゼロ。
ドスッ!ドスッ!と地団駄踏んでるようにしか見えないかも(・(●●)・)

アジアの街角で、いきなり意味不明な歌詞で歌って踊り出す、怪しい外国人がいたら、それは間違いなく私です。

どうぞ生温かく見守って下さいましm(__)m

写真は昨年の香港のフェスティバルゲート(又一城)のクリスマスデコレーション。
よければクリック(σ^д^)σ


ここ最近の台北での定宿として「ゲストハウスおおしろ」がある。
「地球の歩き方」にも載っている日本人経営の日本人宿(日本人が多く集まる宿)ということもあり、結構有名かも。

部屋はドミトリーのみで、間が悪ければ男女相部屋になることもあるけれど、ルールが厳しいので、みな大人しいし、居心地がいい。

掃除も行き届いているし、洗濯サービス(一日二回)もあるし、お茶などは飲み放題。
そして何より嬉しいのが安い!

物価の高い台北において、一日1000円ちょっとで泊まれるのは本当にありがたい。
台北駅から近いので便利だし。

部屋には扇風機もクーラーも完備しています。
ある日、酒を飲んでそのまま寝たので、朝シャワーを浴びました。
ホットシャワーをたっぷり浴びて汗をかいたので、結構涼しい時期ですが、同室の人が誰もいないのをいいことに扇風機をビュンビュンかけていました。

扇風機の首の固定が出来ないので、扇風機のまん前に立って風を浴びてると。。。

この扇風機、サントリーだわ(・A・)

かなりの二日酔いだったので、微妙にこみ上げそうなネーミング(・A・)

もちろん、日本のサントリーは「SUNTORY」で、この扇風機は「SANTORY」、漢字は「山多力」
一字違いですね(^д^;)
“ブランド名”ということで微妙にパクったのかな(^д^;)

ところで、前回の滞在に耳にしたのだけれど・・・・

予約だけして、実際に来ない客が多いらしい。
しかも結構な数に上るようだ。

実際に私が滞在しているわずかの間にも、かなりの数の無断キャンセルがあった。

予約を受けたからには、宿としてはベッドを空けて用意しているし、遅めの到着なら、従業員は晩酌のビールも飲まずに辛抱して待ってるのに、失礼な話である。

宿にも損害を与えるし、リュックを背負って、わざわざ訪ねてきた他のお客を断ることにもなって、気の毒な限り。

行き先の定まらないバックパックの旅の楽しみは充分知っている私ではあるけれど、自由を履き違えてはならない。
守るべき最低限のマナーは守れ!!

恥ずかしいぞ!同胞として!!(▼_▼メ)

「別のとこに泊まっちゃったし、いいや」なんて舐めた考えで生きてるような人間は、きっと天罰が下るに違いない。
「おさるのもんきち」は株式会社サンリオの登録商標ですべての著作権は株式会社サンリオに属します。
当ブログは個人のサイトで株式会社サンリオとは一切関係がありません
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 海外旅行のすすめ の管理人の日記 all rights reserved.
ご来店数

ちっともお役に立たないのに

      こんなに来てくれて三拝云♪

tripadvisor

トリップアドバイザーでおすすめブログとして紹介してもらいました♪

書き人:里子

里子(海外旅行のすすめの管理人)

書き人:里子(海外旅行のすすめの管理人)

本家です↑

生まれつき旅行好き。貧乏なのに海外旅行が止められんオバハンの年金払ってるフリーター。癒されるのは・・・趣味のおさるのもんきち達(⊂((・⊥・))⊃)ウキッ

書き人:おさるのもんきち


I LOVEおさるのもんきちでござる
↑もんきちのホームページでござる。

もんきちが時々日記を書くでござる
書き人:おさるのもんきち

二つのブログランキング

ポチッとな(*σ・(●●)・)σクリック

  FC2Blog Ranking     人気ブログランキングへ

          にふぇーでーびる♪

今まで行った国
月ごと過去記事読みなさる?

沖縄 島唄くらぶ

沖縄 島唄くらぶ
「これこれ!こんな曲と出会いたかった!」
沖縄LOVEなあなたに「運命のCD」をお届けします。

ガンジー石原

沖縄で最も熱いと噂されてる芸術家

石原画家のホーホケキョです


石原商店(ポストカード・カレンダー販売)

最近の書き物
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
書き物の分類
日記内検索

お便りくださる?

名前:
メール:
件名:
本文:

何か探しなさる?

 

色々お役立ちサイト